2010.09.18

上海・杭州・蘇州の旅 第3日

9月7日、火曜日。

蘇州のホテルで目を覚ます。昨日の杭州のホテルに比べれば、幾分内容の良いバイキングに舌鼓を打つ。

杭州・蘇州・上海の旅 第3日目

今日は午後から上海へ移動して、そのまま上海市内のホテルに泊まるため、荷物をまとめて蘇州のホテルをバスで出た。
最初に向かったのは寒山寺。
3年前には一般道を蘇州らしい景色を楽しみながら走って行ったのに、今回は高速道路をビュンビュン。何だか蘇州っぽくない。
中国国内でGDPが最も伸びているのが蘇州なのだそうだ。蘇州の素敵な田舎らしさはどんどん失われている。
寒山寺は朝にもかかわらず、かなりの人出だ。鐘楼で鐘をつく人も多かった。
張継による有名な漢詩、楓橋夜泊が作られたのがこの場所だ。

次に向かったのが虎丘。東洋のピサの斜塔と呼ばれる古い塔が丘の上に立つ。昨日訪れた六和塔で、だいぶ足腰に疲労が溜まっていて、登り坂、下りの石段共辛かった。

続いて世界遺産、留園へ。
蘇州には世界遺産が7つあって、その全てが庭園。留園もその一つだ。
模様が山水画のようになっている天然の大理石。向こうが透けて見えるほど薄い絹に描かれた絵など、数々の名品を見るものの、さすがに3回目ともなると、またか、って感じだった。

昼食は、絹の工場、というよりも、絹製品の店、みたいなところ。昼食後は土産などを買った。
蘇州の絹は有名だ。

午後はバスで上海へ移動。以前は必ずといっていい程渋滞があったが、現在は道路網の整備が進んだため、ウトウトするうちに、すぐ上海に着いてしまった。

杭州、蘇州と、旧い中国らしさを味わったが、上海へ戻ってからは、近代・現代中国を堪能。テレビ塔、新天地、田子坊を訪れた。
上海4度目にして初めての場所ばかり。テレビ塔「東方明珠」の展望台からの眺めは圧巻だった。

夕食後、ホテルへ。上海万博のために、上海市内のホテルは予約が難しいと聞く。今回のホテルもどうにか取れたようだが、ロビーは極端に狭いし、27階建なのに、客用エレベーターは2基しかなく、何だかなあのホテルだ。

さて、明日はいよいよ上海万博だ。

2010.09.06

上海・杭州・蘇州の旅 第2日

夕べホテルで落ち着いたら日付が変わっていた。ケータイの目覚ましで何とか6:00に起床。一瞬家で目覚めたような錯覚を起こしつつ、重い体を起こした。

7:00に朝食。ホテルのブフェ。品数が少なくて、かなり残念な朝食になってしまった。

8:00ホテルを出発。西湖に向かったが、月曜日の朝、やっぱり杭州も大渋滞。西湖の遊覧船の予約が9:00だったけど、20分ほど遅れてしまった。

先月同様、エアコンの付いた遊覧船だったけど、わりと暑さが大人しかったので、遊覧船の2階で風を感じながら遊覧。もちろんNEXでのスイングも忘れなかった。

遊覧を終えて、これまた先月も訪れた茶葉博物館へ。数種類のお茶を楽しんだ後、買い物。先月たんまりお茶を買ったので、今回はちょっとした茶器を購入。帰ってからこれで中国茶を楽しみたい。

続いて、龍井の村を通って宋城へ。変わった場所で、食事や買い物ができたり、アスレチックがあったり、不思議な空間が楽しめた。

その後、六和塔。よせばいいのに、あの景色が楽しみたくて、また最上階まで汗かきまくりながら上った。上りも大変だったけど、体重がのしかかる下りも、しんどかった。

再び西湖に戻って遅い昼食。朝少なかったので、頑張ってたくさん食べた。もちろん後でお腹がしんどかったのは言うまでもない。

杭州観光はここまで。バスで蘇州まで大移動。

高速道路を飛ばしても3時間近くかかる。途中のサービスエリアで休憩。トイレは怪しげだし、
臭い豆腐の臭いは立ち込めるし、参った。

夕刻、無事蘇州に到着。3年間隔で今回3回目になるが、高層ビルか大量に増え、高速道路がすっかり整備されていて、以前の蘇州の雰囲気はまるっきり無い。道路脇に白い土埃が舞い上がっていた、あの蘇州は、今はもう残っていない。

大量に昼食を食べてからバスで移動しただけなので、お腹はまだ空かない。そこで、夕食会場のすぐ近くにある大きなスーパーでたーっぷり買い物。食品から雑貨、パソコン、ケータイ、日用品と、何でもあった。食材の安さは驚くほどだ。
たんまり購入した。金額は1,071元だけど、品物は満載。

その後蘇州料理で一段と満腹。20時過ぎにはホテルでのんびりできた。

明日は蘇州観光して、夕方には上海へバスで移動する。

蘇州の夜は、まだ長い。

2010.09.05

上海•杭州•蘇州の旅 第1日

D22D91BA-C67A-4F8C-AA0A-52AAE90904C3

先月旅した上海•杭州に蘇州を加え、上海万博を1日入れた中国の旅に出かけた。
富士山静岡空港から上海浦東空港へ飛び、バスで上海南駅に移動。高速鉄道で杭州に入った。

心配した台風9号の影響は殆ど無かった。フライトの後半、多少スリリングな揺れ方があった程度だ。

先月来たばかりなので、また来た、というより、戻って来た感覚。こんな頻度で海外旅行した経験がないので、ちょっと妙だ。

3週間前はまさに酷暑だったけれど、幾分気温も下がってくれている。

杭州駅の到着が現地時間の20:40頃。それから遅い夕食。ホテルに入ったら22:30を回っていた。

明日は杭州観光した後、蘇州までバスで大移動。またまた体力的にきつい。
モーニングコール6:30、朝食7:00。8:00には出発しなければならない。
荷物の片付けもそこそこに、そろそろ寝ようかと思う。

2010.09.04

上海•杭州•蘇州の旅 前夜

前回の中国旅行からは3週間ぶりだけど、その先月の旅はちょっと特殊なものだったので、通常の仕事での海外旅行は3年ぶりになる。
もうずっとPCを持って出かけてきたが、今回はiPhoneメインで行こうと思う。こうしてブログも普通に書けるし。
ま、中国の街中で、アップロードするのにどれ位の時間と電力量が必要になるかが問題だけど。

3年前は北京から入って万里の長城を訪ね、上海へ飛び、蘇州を観光してまた上海に戻る5日間の旅だった。
先月の旅は上海から杭州に入り、上海へ戻る5日間。
今回は先月と杭州までは同じ。杭州から蘇州へ移動してから上海へ戻る6日間の旅になる。
仕事で行くために、何かと足枷があるけど、一番大変なのは暑さだ。
先月は今回はも上海も酷暑で、日中は40℃、夜間でも30℃を超えていて辟易した。それに比べれば、多少いいかもしれないが、それでも予報では36℃の最高気温だ。

明日は富士山静岡空港から中国東方航空で13:50のフライト。台風9号が悪さしないことを祈る。

1797C72D-E2A2-4AE2-AE77-96D0D104A32B

2008.08.29

信州帰省の旅 後編

 信州は南箕輪村にある「大芝公園」。
 赤松が夕日に照らされて、ちょっと晩夏の雰囲気を醸し出しています。

 前編に引き続き、α100で撮ってきた写真のご紹介です。

続きを読む "信州帰省の旅 後編" »

2008.08.27

信州帰省の旅 前編

 8月12日から16日までの4泊5日で信州の実家へ家族で帰省してきました。
 もっとも、子どもたちにとっては帰省というよりも、信州のおじいちゃん、おばあちゃんの家への旅。
 今年はおばあちゃんに会うのを娘がやけに楽しみにしていました。

続きを読む "信州帰省の旅 前編" »

2008.05.18

遠くに北アルプスを望む

中央本線をひた走る特急あずさ号。 長野県に入ってしばらくすると、遠くにまだ雪がたくさん残っている北アルプスが見えてきました。 実家まではまだだいぶかかるんですが、帰省しているな~と実感を深めています。 (5月3日 帰省の旅 HDR-TG1で撮影)

2008.05.17

韮崎駅に到着

特急あずさ号、流石に大混雑です。 指定席が取れていたので座れましたが、よく席が1席だけ、甲府駅から空いていたものです。 韮崎駅では「韮崎観音」が迎えてくれます。 (5月3日 帰省の旅 HDR-TG1で撮影)

2008.05.16

特急あずさ号、入線

アツアツの大盛りおそばを胃袋に収めた後、あまりの暑さに汗を噴出しながら待っていた特急あずさ号が入ってきました。 ここから岡谷駅まで約1時間ほど走ります。

2008.05.15

身延線終点、甲府駅に到着

2時間10分余の身延線の旅はここまで。 40分ほどの待ち合わせ時間で、次は中央本線特急あずさに乗ります。 ま、その前に腹ごしらえをしなくちゃ(^_^)V (5月3日 帰省の旅 HDR-TG1で撮影)

続きを読む "身延線終点、甲府駅に到着" »

より以前の記事一覧

ブログパーツ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ