2008.04.09

携帯電話が充電できなくて

 私が以前使っていた携帯電話D902i。今は娘のおもちゃになっていて、お気に入りのムービーを観たり、写真を撮ったり、音楽を聴いたりと、通話・メール以外の殆どの機能を使って楽しんでいます。
 が、先日来、充電用のコネクタ部分がダメになって、充電できなくなって悲しんでいました。
 スタンドも無いし、楽天市場であれこれ探して、見つけたのが写真の充電器です。

続きを読む "携帯電話が充電できなくて" »

2007.10.28

中国で使えるかなD904i

 今夏買い換えたD904i。3G対応携帯電話なので海外でも場所によっては使えるはず。
 来月中国へ行く予定なんですが、さて、中国では使えるんでしょうか?

続きを読む "中国で使えるかなD904i" »

2007.01.20

D902iバッテリー交換

 私が使っているD902iのバッテリー、例の問題があるバッテリーなんです。

 ダイレクトメールで連絡後、良品を送る、と、docomoのサイトに掲載されてから久しいのですが、ようやくその「良品」が届きました。

続きを読む "D902iバッテリー交換" »

2006.11.18

おニューに戻ったD902i


 今日は久しぶりに土曜日が休日になりました。昨晩はすっかり夜更かしをして、午前中は二日酔い状態だったのですが、午後から少し元気が出て、かねてから行きたかったドコモショップを訪れました。
 目的は2つ。一つは11月26日からの渡米で使える携帯電話を仕入れること。もう一つはディスプレイ内部にホコリがたくさん侵入して見づらくなったので、その相談。

続きを読む "おニューに戻ったD902i" »

2006.06.05

D902iでテキストデータを読もう

 以前はSONY製のPDA「Clie」でネット上に公開されている小説の名作データを読んで楽しんでいました。これを携帯電話でもできないだろうか、と、ふと思いました。
 Docomoの902シリーズはiアプリが使えますので、早速「iアプリ テキストリーダ」で検索。すると、「reate」というフリーウェアが見つかりました。このサイトから携帯電話に直接ダウンロードできるようになっています。

 iアプリでは、メモリカード上のテキストデータに直接アクセスすることができません。携帯電話本体のメモリにある、携帯電話のアプリケーションから利用できるデータだけが対象となり得ます。ということは、テキストデータを携帯電話本体のメモリに入れられませんので、簡単にはいきません。
 このiアプリでは、次のようにしてテキストデータを表示してくれます。

  1.テキストデータを画像データに見せかける。(別にソフトが必要)
  2.1で作成した画像データをメモリカードに入れる。
  3.メモリカードに入れた画像データを、携帯電話本体のメモリにコピーする。
  4.iアプリが画像データ内のテキストを読み出して、表示する。

 本来画像データでは無いものを、「画像データに見せかける」という手法は、セキュリティ上問題を引き起こすこともありますが、今回は自分で変換して利用するだけなので、心配ありません。
 「reate」のサイト上で紹介されている「GifDelad」というソフトを使って、テキストデータを画像に変換します。


▲GifDelad実行画面。
▲GifDelad実行画面。


 ところが、ここで問題発生。このソフトで画像データ化したものを、D902iが画像として認識してくれないのです。メモリカード内に入れて、「情報更新」操作をしても、出てきません。
 「GifDelad」は、GIF、JPEGのそれぞれに変換する機能を持っていて、なおかつ元データをZIP圧縮する機能があるため、全部で9通りの変換スタイルがあります。GIFの6つのパターンは何れも認識されませんでした。JPEGの3つのパターンを試してみたら、「JPEG、ZIP個別圧縮」で変換した画像のみ、認識してくれることを確認しました。
 画像データが出来上がった後は上記手順でばっちり。携帯電話上でテキストデータが読めるようになりました。

 大きなデータは未確認ですが、携帯電話のマニュアルを見ると、500kバイトまでいけそうです。
 もっとも、携帯電話本体のメモリ容量の制限がありますが、読みたいデータだけを本体に、それ以外はメモリカードに入れておけば良いので、何冊もの書籍を放り込めたような快感に浸っています。

2006.03.14

D902iで音楽を聴こう Part2

 昨年末に替えた携帯電話D902iのミュージックプレーヤ関係の話題です。

 miniSDに入れた音楽がバッチリ聴けて楽しいのですが、わかりずらかった操作があるので、それを記してみます。
 フォルダ内の音楽データを演奏する際、何もしないと順番に全部の曲を演奏して、終わると先頭の曲から再度演奏します(リピートがオンになっている場合)。
 聞きたい曲だけを選んでの演奏が、ちょっとわかりにくかったです。手順は、

  1.聞きたい曲にチェックを付ける。
  2.聞きたい曲だけを演奏するモードに切り替える。

 だけなのですが、1の手順でチェックを付けただけではダメで、必ず手順2の操作が必要なのです。ところが、切り替えをした時の表示が不親切なのです。画面の写真をご覧下さい。

 右側の赤い円内、OFFとなっていますが、これはボタンを押したときに「OFF」になるのであって、現在は「ON」なんですね。マニュアルを見るまでわかりませんでした。

 さて、もう一つの話題は、コネクタです。一般的なヘッドフォン、イヤフォンの先端、つまりプラグ部分は、ステレオミニプラグという、小さな円筒形です。ところがD902iなどの携帯電話の差し込む部分、つまりジャックは「平型」の長方形になっています。そこで、下の写真のような変換用のコネクタが必要です。



▲ステレオミニプラグを平型プラグに変換


 近所の量販店では、変換用コネクタだけ、というのが見つからなくて、ヘッドフォンとセットになっているものを購入せざるを得ませんでした。ちょっと勿体ない話です。

 自転車通勤の帰り道、20~30分程度聞くだけだと、バッテリーは全く問題ありません。カラオケで歌いたい曲などを中心に入れておこうかな、と思っています。

2006.01.09

1GバイトのminiSD到着

 携帯電話で写真やムービー、音楽が視聴できるようになったので、初めに買った128MバイトのminiSDでは容量が全然足りないな~、と、1GバイトのminiSDを購入しました。今回はELECOMのメモリカードリーダ・ライタがセットになっているものにしました。このリーダー・ライターがとっても便利!


ELECOMのメモリカードリーダ・ライタ
▲ELECOMのメモリカードリーダ・ライタ


 今まで使っていたリーダ・ライタもコンパクトで良かったのですが、今回のはminiSDやメモリスティックDuoがアダプタ無しで利用できます。「あ、アダプタをあっちの部屋に忘れてきた」とか「アダプタはどこじゃ~~~」といったトラブルが皆無になって、快適この上ありません。
 スマートメディアやコンパクトフラッシュにも対応しているので、これ1台で全てOKです。良い買い物をしました。

 1GバイトのminiSDはGreenHouse社製ですが、D902iで全く問題なく使えました。こうなると、D902iの予備バッテリーが欲しくなる・・・物欲の連鎖。恐ろしいことです。

2006.01.04

見えたPDF

 miniSDの管理情報を更新する「情報更新」という手続きを踏まないと、一部データが見られない、という情報をようやく見つけて、昨日の問題は氷解しました。わかってしまえばそれだけの事なのですが、そこにたどり着くまでの道程はかなり長いものでした。やっぱり携帯電話の分厚いマニュアルは好きになれない・・・

 さて、一度わかってしまえば、あとはこっちのもの。お気に入りの画像なども専用のディレクトリに入れて、携帯電話の待ち受け画面はどのようにでも変えられるようになりました。

 PDFを作るフリーソフトも良いのを見つけました。人呼んで PrimoPDF。インストールすると印刷出力先に PrimoPDF が追加されるので、そこへ出力すれば PDF が出来上がり。Acrobatと基本的な考え方は同じですが、フリーです。素晴らしい。

 そして、こうなるとminiSDの容量は大きければ大きいほど良く、気がついたときには1GバイトのminiSDを楽天のページで購入するボタンをクリックしていました(笑)。

2006.01.03

PDFが見えない~

 D902iにはPDFのビューワが搭載されています。miniSDに保存したPDFが見られる「らしい」のですが、これがうまくいきません。
 マニュアルを見ると miniSDのルートから PRIVATE, DOCOMO, DOCUMENT, PUDxxx の順に階層を下げながらディレクトリを作って、PDFDCxxx.PDF のファイル名で保存すればいいように書いてあるのですが、PDFのビューワがディレクトリさえ認識してくれないのです。(xxxの部分は何れも001~999)
 いくつかサイトを回ってみましたが、マニュアル通りで問題無い様子。僕の端末だけがダメなのでしょうか。

 音楽はすんなり聴けたので、余計に悔しい~~~。

 昨日、市内のコジマやヤマダ電機を回って、液晶保護シートを探したのですが、家内のN700i用はあったのに、D902i用が見当たりませんでした。今日エスポットへ行くと、汎用サイズの保護シートがあったので購入。早速液晶に貼りました。
 ほんのちょっとのホコリのせいで、気泡が出来てしまいました。液晶が白を表示すると、その気泡やホコリがひどく汚く見えて厭です。でも勿体無いのでしばらくガマンします。

 未だ着信履歴は真っ白~~~。

2006.01.01

D902iで音楽を聴こう

 新しい携帯電話D902iで音楽が聴けるように作業をしました。

1.miniSDに音楽を入れる専用のフォルダを作る。
 PRIVATE, DOCOMO, MMFILE, D_MUSICの順に階層を下げつつフォルダを作ります。この階層の深さ、どうにかならないんでしょうか、ねぇ。

2.1で作成したD_MUSICフォルダ内に、自由な名前で音楽を入れるフォルダを作る。
 ここからは融通が利くようです。

3.聴きたい音楽を、D902iの「ミュージックプレーヤー」で演奏できるデータ形式に変換する。
 携帯電話用AAC(MP4)なのですが、これはiTunesで簡単に変換できました。CDのリッピングなら、最初からAACで取り込んでおけば、そのままminiSDに保存するだけ。
 ファイル名の制約も無いので、曲名そのままでもOKです。

4.2で作成したフォルダに変換済みの音楽データをコピーする。

5.D902iにminiSDをセット。ミュージックプレーヤーを起動して音楽を楽しむ。

 以前に買ったゲームボーイミクロの「ぷれいやん」ではMP3形式なので、CDは全部MP3で取り込んであったために、今回はデータ変換が手間でしたが、さほど難しいことなく音楽が鳴りました。
 携帯電話専用のヘッドフォンが無いために、本体で聴くしかありませんので、音質は云々できません。バッテリーの持ちも大したことなさそうですが、これは実際に音楽を鳴らし続けないとわかりません。時間があったら実験してみようと思います。

ブログパーツ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ