« 上海・杭州・蘇州の旅 第3日 | トップページ | ステップアップリング »

2010.09.20

月面と木星撮影 [追記あり]

いつもベランダに眠り続けている天体望遠鏡 ED102SS を、久しぶりに眠りから覚まして、NEX5で月面写真撮影してみた。

元々持ってるSONYαマウント対応の直焦点アダプターがある。NEX5にAマウントアダプターを装着して、このアダプター経由で鏡筒にNEX5を取り付ける。

Dsc03707_r

NEX5の小型・軽量のお陰で、赤道儀のバランスも良好。NEX5の設定で必要なのは「レンズ未装着でのレリーズ」を許可すること。後はマニュアルモードでISO、露出時間を設定するだけ。

NEX5のマニュアルフォーカスはMFアシスト機能があるので、ピント調整が驚くほど簡単かつ精密に行える。

Dsc03706_r

望遠鏡ED102SSの焦点距離は660mm。僅かな振動も許されない。頑丈な赤道儀に載せているとは言うものの、レリーズを手で行っては元も子もない。そこで、レリーズにはセルフタイマーを利用した。

この夜は多少雲が出たものの、撮影時の月の周辺はしっかり晴れていてくれた。

Dsc03702_r_2
ISO200、シャッタースピード 1/100秒。月齢は10.2。望遠鏡にカメラボディーを接続しているので、絞りは無い。

天体写真における月面写真は上を南、下を北にする。カメラがちょっと傾いたのはNGだ(というより、水平を全然気にせず撮影してしまった)。

焦点距離が660mmでは、さほど拡大撮影できないため、周囲の黒い部分をPMBでトリミング。シャープネス、明るさを微調整した結果が上の写真だ。

これ程までに手軽に天体写真撮影ができてしまうなんて、フィルム時代からすると信じられない。

木星は、さすがにこの倍率では厳しく、トリミングしても目立った縞模様が見える程度だ。

Dsc03712_r
ISO800、シャッタースピード 1/320秒。

アイピースを使って拡大撮影したいが、そのアダプターが無い。もうだいぶ古い望遠鏡なので、ビクセンに問い合わせてみたものの、入手できないかも知れない。

[追記 9.21]

ビクセンから回答をもらい、拡大撮影用のアダプターは「NSTアダプター43 DX」が適合するとのこと。楽天で見つけ、注文した。

月面写真をピクセル等倍に加工してみた。鏡筒ももちろんだけど、今のカメラは本当に凄いと思う。

Dsc03702_1

Dsc03702_3

Dsc03702_2

6cmの小型望遠鏡にフィルムカメラで撮影し、がっかりしていた頃が懐かしい。

« 上海・杭州・蘇州の旅 第3日 | トップページ | ステップアップリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上海・杭州・蘇州の旅 第3日 | トップページ | ステップアップリング »

ブログパーツ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ