« ようやく雨が上がって [追記あり] | トップページ | 黒霧島を堪能中 »

2008.04.25

NASAサイトより

 いつも楽しみに見ているNASAのサイトを開いてみると、今は数々の画像特集が組まれていて、どれもこれもとっても興味深いものばかり。中には数千ピクセル四方の巨大で精細な画像もあって、大判の紙に印刷したくなるほど。
 そんなカテゴリーの中に、The Home Planet: NASA's View of Earthというのがありました。

 NASAが見た母なる地球、って感じでしょうか。最新の画像というわけでもなく、様々な地球の表情を画像で綴ってくれています。

 最初のイメージは、なんと1960年4月撮影。気象衛星TIROS-1が撮った、宇宙から撮影された最初の1枚なんだそうです。うーん、確かにかなり古そうですね。でもIC(集積回路)がようやく発明されるかどうかの時代です。どんな仕組みで撮影されたんでしょうか。。。

 次は1968年、アポロ8号が月の近くから見た地球を撮影しました。人類が初めて見たシーンだ、みたいな説明があります。僅か8年で飛躍的に画像が美しくなっていますね。まだマイクロプロセサが世の中に出回る前のことです。

 そしてこれは2001年9月11日、テロリストに襲われてしまったマンハッタン。とんでもない21世紀の幕開けとなってしまった、あの日の写真です。

 こんなに美しい地球に住みながら、毎日目を覆わんばかりの事件・事故。

 どうにかならないものでしょうか。。。

« ようやく雨が上がって [追記あり] | トップページ | 黒霧島を堪能中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18393/40992162

この記事へのトラックバック一覧です: NASAサイトより:

« ようやく雨が上がって [追記あり] | トップページ | 黒霧島を堪能中 »

ブログパーツ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ