« バッテリーの不具合 その後 | トップページ | ランチ »

2007.04.18

気象庁サイトの変貌

 いつも利用している気象庁のサイト。いろいろと変わりました。

 過去のデータ閲覧ページですが、以前はフレームで画面を分割していました。アクセシビリティに配慮したのでしょう、フレームは一切なくなりました。

 地域を選択して、年月日や必要なデータをクリックするようになり、またデータ画面でも年月日が簡単に選べるようになりました。これまで異なる年のデータを見るのがかなり煩わしかったのですが、とても快適にアクセスできます。

 「予報用語」については、大幅な改正があって、例えば時間帯の表現は次のように変更になっています。

 ・00時 ~ 03時: 「午前3時頃まで」を「未明」に
 ・06時 ~ 09時: 「朝のうち」を「朝」に
 ・18時 ~ 21時: 「宵のうち」を「夜のはじめ頃」に

 竜巻の突風の尺度「藤田スケール(F0~F5)」、最高気温が35℃以上の「猛暑日」なんていう新しい用語も正式に決まったんですね。話題になっていましたが、もう決定されていたとは、不勉強でした。

 用語の変更については34ページにわたる解説がPDFで配布されていますが、気象予報士は全部覚えているんでしょうね。大変なことです。

« バッテリーの不具合 その後 | トップページ | ランチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18393/14753070

この記事へのトラックバック一覧です: 気象庁サイトの変貌:

« バッテリーの不具合 その後 | トップページ | ランチ »

ブログパーツ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ