« 今日のランチ | トップページ | 今日の飲み物 »

2006.11.22

DSC-F3 (1997)

 私の部屋の古いスチル製レターケースを開けると、1997年末に購入した初期のデジタルカメラDSC-F3が眠っています。
 初めて買ったデジタルカメラであることと、息子が未だ5歳だった頃に使っていたことで思い入れが相当あるために、とても捨てられず、そのまましまってあります。


 この当時のデジタルカメラは、今のようなメモリカードではなく、本体のメモリにデータを貯め込んで、それをRS-232Cインタフェースでパソコンに取り込むようになっていました。
 このDSC-F3はメモリが8Mバイト。35万画素のCCDで、撮影データはJPEG。高画質で約60枚撮影が可能です。


「▲大容量8Mバイト、最大200枚撮り」のシールもちょっとヨレヨレ。
「▲大容量8Mバイト、最大200枚撮り」のシールもちょっとヨレヨレ。


▲f=4.8mm、F=2.0のレンズ。SONY VIDEO LENSと書かれています。
▲f=4.8mm、F=2.0のレンズ。SONY VIDEO LENSと書かれています。


▲デジタルI/Oのところにコネクタを挿してPCに接続します。
▲デジタルI/Oのところにコネクタを挿してPCに接続します。


▲機能切り替えボタン。
▲機能切り替えボタン。


 久しぶりにACアダプタをつないで電源を入れてみると、ちゃんと起動します。液晶もすっかり怪しくなっていますが、何とか画像も見られる状態。で、見ていくと、2002年3月から5月にかけて撮影した、娘や私とのツーショット写真が22枚、記憶されたまま残っています。
 僅か4年半前と言えばそれまでなのですが、9年も前に購入した電子機器がちゃんと稼動して、4年半も前に記録したデータがしっかり残っていることに、少なからず喜び、驚きました。
 さて、この22枚のデータですが、撮影した当時でさえ、もう取り込むことができずにそのまま放置したものなんです。せっかくデータが生きているのなら、パソコンに取り込みたいな、と、「9年前のデジタルカメラデータ吸出し大作戦」を決行しました。

つづく。

« 今日のランチ | トップページ | 今日の飲み物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18393/12780169

この記事へのトラックバック一覧です: DSC-F3 (1997):

« 今日のランチ | トップページ | 今日の飲み物 »

ブログパーツ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ