« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.29

夏休み最終日

 息子も娘も今日が夏休み最終日。親に似ず(?)、宿題を計画的にしっかり進められたために、さほどバタバタしない一日でした。私も休暇が取れ、余裕があったので、午前中は娘と市内のプールへ行きました。
 夏休みの前半に水泳教室に通ってようやく水に慣れた娘ですが、先日ボランティアのお兄さんに面倒を見てもらった際、泳ぎを教わって一人で浮くことができるようになっていました。今日はゴーグルを忘れてしまったので最初グズグズ言っていましたが、それでも次第に慣れて、4mほど自力で泳ぎました。

 プールの周囲の木々では、ツクツクホーシが盛んに鳴いて、夏の終わりを告げているかのようでした。

 水泳がひどく苦手だった私は、1年生で泳げた娘が羨ましく思います。体育の水泳があった高3まで、ずっと夏が憂鬱だったのです。もっとも、その反面、高校卒業後は夏が大好きになりましたが。

 午後からは私自身のアンサンブル。いつも日曜日に合わせるのですが、メンバーの休みが揃ったので初めて平日になりました。一昨日、昨日と涼しくて楽だったのに、今日は一転暑くなったので、演奏よりも会話の時間が長くなってしまいました。

 夕食後、子供たちは明日の登校に備えて準備。これもスムーズに完了。

 さて、学校生活に戻って、どんな表情を見せてくれるのでしょうか。

2006.08.27

築地

 久しぶりにゆっくりできる土曜日になったので、一人で東京に遊びに出かけました。

 まず、銀座2丁目の「伊東屋」、4丁目の「三越」、7丁目の「ヤマハホール」へ。ヤマハホールではリコーダー関係の楽譜を見たのですが、以前よりすっかり規模が小さくされてしまっていて、がっかりでした。3階の楽器コーナーでリコーダーを眺めて思い切りため息をついてきました。良さそうな笛がずらっと並んでいました。今持っているテナーは全音の古いもので、音が貧弱なので、できることならいつか良い楽器を手に入れたいと思います。
 土曜日の銀座は正午から歩行者天国になるのですが、夏休み最後の週末とは到底思えないほど人が少なく、驚きました。

 銀座7丁目から左折して、築地へ出ました。築地を歩くのは今回が初めて。場外市場に並ぶ店を素見しました。狭い路地にも寿司屋やら乾物屋やら魚屋が目白押しで、多くの観光客で賑わっていましたが、何となくその様子が台湾の屋台に似ているような気がしました。

 前日までの暑さが嘘のように涼しく、歩き回ってもさほど汗もかかず、楽な一日でした。

2006.08.24

やっぱり惑星は8個?

 先日の国際天文学連合IAU会議で太陽系の惑星を12個とする案が出されていましたが、結局現状から冥王星を省いた8個という案に落ち着きそうです。

 小学生のとき、太陽系の軌道を図鑑から写し取って、コンパスで描こうとしたとき、冥王星の軌道の中心がうまく求められずに悲しかったことを思い出します。

 グスタフ・ホルストの管弦楽組曲「惑星」が作曲されたときには、まだ冥王星が発見されていなかったため、「海王星」で終わっているのも有名な話。

 天文学者ローウェルによって存在が予想され、1930年にトンボーによって発見された冥王星ですが、惑星リストから外されるとなると、彼らはあの世でがっかりするかも知れません。
 今年初めに冥王星探査ロケット「ニューホライズン」が打ち上げられ、冥王星へ向かっていますが、その探査機にはトンボー氏の遺灰の一部が載せられているのだそうです。そんな時期に惑星から外すのも、ちょっとどうかな、などと思ってしまいます。

焼津松風閣

焼津松風閣

 中部七県合同の大きな会議が今日から2日間、焼津にある松風閣で開催されるので、お迎えする静岡県の係として参加しています。

 焼津の大崩海岸の断崖にそそり立つホテルなのですが、眼下に広がる駿河湾は絶景で素晴らしいものです。メガネのせいかも知れませんが、水平線が丸く見えます。

 会合は昼過ぎから。夜の宴会まで、長丁場です。

2006.08.23

TDL

 東京ディズニーランドへ、1年数ヶ月ぶりに行ってきました。昨秋も行こうとしたのですが、残念なことに入場制限にひっかかってしまって入れず。それ以来、なんとしても絶対に入場してやろうと気持ちが高まっていたのです。
 そこで、今回は5年ぶりに1泊してのTDLにしたのです。

 ホテルには16時頃チェックインして、一旦しっかり休憩をとり、夕方から夜まで再度パークで遊べるので、1.5日分ぐらい遊べることになります。

 今回は初めてモノレールにも乗りました。思った以上に混んでいて、やっぱり夏休みなんだなぁ、と痛感しました。

 子供たちがとても喜んでくれて、最高の笑顔。これだけでも十分価値のある旅になったと思いました。

2006.08.20

熱帯夜が途絶えたものの

 今朝の最低気温は24.6℃と、ギリギリ熱帯夜になりませんでした。
 でも午前9時には30.6℃。そんなに朝早くから真夏日にならなくてもいいのに・・・

 昨日から明日まで、連荘でイベントがあって仕事。暑さがこたえます。

 そんな暑さの中で高校野球の決勝戦、「駒大苫小牧 × 早稲田実業」は、延長15回でも決着がつかず、1-1の引き分け。仕事でまったく観ることができませんでしたが、すばらしい試合だったようです。

 こういった場合に、両校優勝、というわけにはいかないのでしょうか。優勝旗は月替わりで送り合うとか・・・

2006.08.19

ドライブ名を変更する

 VAIOには標準添付で「Click to DVD」というDVDライティングソフトがあります。こういったソフトを使わない方には無駄なディスクスペースを取ってしまうと叱られそうですが、私はAV関連の操作をいろいろやりたいので、とても重宝しています。

 さて、今日は息子がwmvファイルをどうしてもDVDにして欲しいと言うので、早速このソフトでMPEGに変換しながらDVDに焼こうとしました。ところが、DVDドライブの電源を入れて接続しろ、というメッセージが何度設定を変えても出てしまいます。あれやこれや悩んでみたところ、どうやらPC内蔵のDVDドライブの名前が変わってしまったのが原因らしいのです。外付けドライブの影響で、ドライブ名が変わってしまっていました。
 そしてまた、このClick to DVDがドライブ名の変更にしっかり対応できていないのも要因の一つでした。

 それならばと、ドライブ名を元に戻そうと思ったのですが、不勉強なことに、変更したことが殆ど無く、どうしていいやら手探り状態になってしまいました。結局変更できて、DVDも完成したのですが、念のために自分向けにマニュアル化してみました。

 まず「コントロールパネル」を開き、その中にある「管理ツール」をダブルクリックします。


▲管理ツールを開いたところ。
▲管理ツールを開いたところ。


 次に、「コンピュータの管理」をダブルクリックします。


▲コンピュータの管理を開いたところ。
▲コンピュータの管理を開いたところ。


 ここで、上図赤丸の位置で右クリックします。ポップアップメニューの「ドライブ文字とパスの変更」をクリックし、更に表示されるダイアログの「変更」ボタンをクリックすると、ドライブ名の選択画面になります。


▲ここでドライブ名を変更します。
▲ここでドライブ名を変更します。


 階層が深いところの作業なので、あまり普段目にしない操作ですが、これでめでたく元のドライブ名に戻すことができました。

 アプリケーションによっては、設定したドライブ名が変わることでいろいろと不具合を生じることがあります。そんな状態からの復旧には、この一連の操作が欠かせません。

熱帯夜続き

 静岡市は8月14日午前7時以降、今日8月19日までず~~~っと25℃以上の気温が続いています。なので、14日の晩から5夜連続の熱帯夜。ここ数年の記録を見ても、4夜連続までで、ここまで熱帯夜が続くのはあまり例が無いようです。2004年には3日連続最低気温が27℃以上なんていう、悲しい記録があったり、2003年の冷夏の8月は、熱帯夜が0という素敵な記録もあったり。

 最高気温はさほど高くないのですが、夜間の高温で熟睡できず、辛いです。16時現在、30.4℃。この調子だと今夜も25℃を下回るのは難しそうです。

2006.08.18

惑星が12個?!

 国際天文学連合IAUは、太陽系の惑星の数を12個にするという原案を明らかにしました。
 従来の9個に加え、1801年に発見され小惑星とされていた「セレス」、冥王星の衛星とされてきた「カロン」、2003年に米国が発見した天体の3個が加えられています。

 そもそも惑星の定義が曖昧だったため、今回それを明確にしようということらしいのですが、何とも微妙なところです。
 冥王星も惑星の仲間に入れておくにはあまりに軌道が他の惑星と違いすぎています。もしかすると海王星までの8個を惑星とした方が、よかったかも知れません。

 太陽系に属する星が多いほど、広大な宇宙空間も何となく賑やかになって嬉しいような気もしますが、さて24日に出るという最終決定は、どんな結論になるのでしょうか?

2006.08.17

凄かった「帝京高校 対 智弁和歌山」戦

 娘はいつも遊んでくれるお姉さんのところへ出かけ、家内と息子は知人に信州土産を配りに車で出かけてしまって、明日からの仕事を前に手持ち無沙汰になってしまったので、高校野球の準々決勝をテレビ観戦しました。すると、記録的な凄い試合になりました。

 8-4の4点差で迎えた9回表。帝京高校は2死から安打を連ね、終いにはホームランで8-12とゲームをひっくり返したのです。ところが、ここでピッチャーに代打を送ったため、9回裏に投げる選手が地区大会でさえ投げていない野手。プレッシャーの中での登板だったため、四球を重ねてしまい、更にホームランを打たれ1点差に。
 その後も結局投げる予定など無かった選手たちが登板しては四死球。最後は満塁から押し出しの四球で、結局13-12で智弁和歌山が勝ちました。

 選手たちがプレッシャーの中で見事なまでに集中している姿に感動しましたが、ピッチャーを使い果たしてしまった帝京高校の無念さを考えると、後味があまりすっきりしない試合でした。

2006.08.16

帰静

 母がコーラスの練習に行きたい、というので、早めに支度して実家を出発しましたが、せっかくの信州の旅なので、毎年お邪魔している南箕輪村にある「大芝公園」へ行きました。
 無数の松に囲まれた広い公園には、子供たちが夢中になってしまう遊具が幾つもあって、今日もほんの1時間ほどでしたが、息子も娘もすっかり楽しんだようです。

 その後、家内の実家に顔を出し、これもまた例年立ち寄る「長岡のお地蔵さん」にお詣りしてから、帰路につきました。
 中央道は至って順調で、渋滞は皆無。途中、諏訪S.A.で土産物を買い、八ヶ岳P.A.で昼食休憩。中部横断道路に分岐して、南アルプス市のインターを降り、国道52号線に出てからも、スイスイ。1時間余りの休憩時間を差し引くと、おそらく3時間ほどで静岡の我が家まで帰り着くことができました。

 伊那谷は毎日好天に恵まれて、日中は強い日差しで暑かったのですが、湿気が少なく、風がさわやかでした。ところが、静岡はやっぱり湿度が高く、ひどく蒸し暑く感じます。帰省の大量の荷物を運ぶだけでへばってしまいました。

 明日からまた、この高温多湿の中での生活に戻ります。

2006.08.15

ゴルフ

ゴルフ

 毎年恒例のゴルフに行ってきました。朝から抜けるような青空で、日差しの強さにはちょっと辟易しながらのプレーでしたが、父や知人と楽しい一日を過ごしました。

 夜は伊那市通り町の祭を見に行きました。昨年は一昨年までやっていた太鼓の演奏が無くなってしまい、ひどく静かだったのですが、今年は賑やかな踊りで大変な盛り上がりでした。

 台風10号、11号が並んで接近しています。明日の帰静にはまだ影響がありませんが、明後日以降の天気が心配です。

2006.08.14

至福の時

 今日は至福の時を過ごすことができました。
 信州の大切な知人と大好きな大好きな音楽を奏で、悦に入り、そして美味しい信州の酒を楽しみ、今帰路の列車の中で反芻しながら、感涙にむせています。

 ひたすら音楽に感謝するばかりです。

2006.08.13

信州入り

 15時前に、無事信州の実家に到着しました。山梨県に入ってからは至極順調で、意外に早く着きました。
 事前に気象庁のサイトで確認してはいたものの、例年よりも気温が高め。夜になるとヒンヤリするところですが、まだ少し蒸し暑さが残っているような感じです。

 窓を開け放していたら、カミキリムシが飛び込んで来ました。生き物好きな娘は大はしゃぎ。

 そんなこんなで信州の夏を満喫しつつあります。

渋滞中

渋滞中

出発して一時間経ちましたが、まだ静岡市を抜け出せずにいます。
東名が事故渋滞だったのも予定外。さていったいいつ着くのでしょうか?

2006.08.12

帰省前日

 寝苦しいと思ったら、昨晩の最低気温は25.6℃。久しぶりの「熱帯夜」でした。

 昼過ぎまで天気が良く、日なたでは暑く感じましたが、最高気温は29.8℃でギリギリ真夏日になりませんでした。先日も最高気温が29.9℃でしたが、僅かな差で真夏日にならないことが多く、例年より涼しいのかも知れません。
 午後から雷がゴロゴロ言い始めて、雨も降りました。知人のお嬢さんのバースデーパーティで一家そろってお邪魔してきました。ちょっと食べ過ぎ・飲み過ぎしちゃうほど楽しいひと時を過ごしました。夜は24℃台で、だいぶ涼しくなりました。

 明日の帰省を前に、既に子供たちは熟睡。渋滞が逃れられないこの時期の帰省は間違いなく長旅になりますが、元気に信州に乗り込みたいと思っています。

2006.08.11

ああ夏休み

 今年は仕事のスケジュールの関係で、なかなか休めなかったのですが、ようやく11日から一週間の夏休みに突入しました。
 前日は体中に溜まったストレスを解消しようと、夜中・・・殆ど朝まで飲んで歌って騒いで、家に着いたのは午前5時前。なので、夏休み初日はすっかり眠気の中で過ごしてしまいました。
 それでも、このところの重圧から解放されて、まるで体重が半分になったような気分です。いわゆる「スッキリ」状態。

 そしてまた、気づいてみれば、信州への帰省が間近に迫っています。急いで準備をしなければなりません。

 5月の連休以来の帰省ですが、今回も知人とアンサンブル、親父とゴルフ、と、これまた楽しみが目白押し。充実した密度の濃い夏休みになりそうです。

2006.08.10

高校野球

 今年も甲子園で熱い戦いが続いています。今日は3連覇を目指す駒大苫小牧高校が見事に緒戦を突破しました。
 今私が住む静岡県の代表校は静岡県立静岡商業高校。32年ぶりの出場だそうですが、こちらも緒戦を突破。実家のある長野県は代表が松代高校。こちらもまた緒戦勝利。みんながんばっています。

 そうとう古い、私が生まれる前の話になりますが、私の母校、伊那北高校は、その昔、今住む静岡の静岡高校と対戦。この時高校野球の初のナイターになったんだそうです。試合結果は我が母校の勝ち。
 静岡に来て間もない頃知り合った社長さんが、その当時、静岡高校の生徒だったと聞いて、驚いたことがあります。30年以上経っても、まだ悔しがっておられました。

 高校生同士が必死に戦い合う姿に、毎年感動させられます。

2006.08.08

7月の風向き

 ほとんど最後まで梅雨だった今年の7月でしたが、風向きを集計してみました。


▲7月の風向き。細い実線は6月。
▲7月の風向き。細い実線は6月。


 どうやら北東風はずっと多いようです。今月は北北東風が目立って多くなりました。この正反対の方向の南西、南南西風も多かったので、グラフが長方形になりました。
 2月~4月にかけて多かった西風は5月以降すっかり減っています。出勤時の向かい風が少なくて助かります。

2006.08.07

暑い

 毎日最高気温が1℃ずつ上がっていくようで、今日はとうとう34.8℃を記録しました。日中はクーラーが効いた場所にいるのでまだいいのですが、家ではまず滅多にエアコンのスイッチを入れません。家内も子供たちも、これくらいの暑さは全く問題ないようです。ところが暑さが苦手な私はもう居る場所が無いほど暑くてたまりません。

 よせばいいのにアメダスを見ると、21時でまだ29.1℃。数日前の最高気温です。しかも、日中低かった湿度が夜に向けてぐんぐん上昇。

 最高に寝苦しい夜になりそうです。

 一昨日あたり、台風が一気に3個も発生しました。その中でも一番最初に発生した台風7号が、明日夕方から紀伊半島あたりにかなり接近して、東海地方は大雨になるようです。

 慌ただしい火曜日になりそうです。

2006.08.06

さて、何でしょう?

 先日、SonyStyleで購入したものです。


▲さて、何でしょう?
▲さて、何でしょう?


 少し間を空けます。

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

 形はUSBメモリですが、こんなサイズでオーディオプレーヤーなんです。SONYのNW-E005という機種で、内蔵のメモリサイズは2Gバイト。SonicStageという専用のオーディオソフトをPCにインストールして、USB経由で音楽データを転送して使います。


▲SonicStageの画面。
▲SonicStageの画面。


 しゃれたデザインの画面ですが、処理が重く、のんびり構えないとイライラします。写真の状態では、画面左側がPCに取り込んである音楽データ。右側がオーディオプレーヤーE005の中味が表示されています。

 残念ながら、ダイナミックレンジの広いクラシックやジャズは、アウトドア向きではないんですよね。弦のさざ波のようなピアニッシモのトレモロなんぞ、周囲の車やバイクの音で簡単にかき消されてしまって、いけません。
 ですので、通勤の帰りには、ダイナミックレンジの狭いポップス系の音楽を楽しむことにしています。
 サザンやTUBEなど、夏向きの音楽を聴きながらペダルを漕ぐと、だいぶ軽くなったような錯覚を起こし、かなりご機嫌な気分になれます。

2006.08.05

Bluetoothマウス到着

 先日静岡市内のヤマダ電機とコジマで探したのに1個も無かったBluetoothマウスをSonyStyleで購入しました。申し込んでから2日後に届きました。最初からネットで購入すればよかったと、後悔しています。

 マウスの幅が狭く、手の華奢な私にはピッタリ。操作感は抜群です。


▲Bluetoothマウス、VGP-BMS30。
▲Bluetoothマウス、VGP-BMS30。


 通常のワイヤレスマウスと同じように、PnPで簡単につながるかと思いきや、Bluetoothの場合はそうじゃないんですね。電池を入れて電源SWをONにした後、マウス裏面のCONNECTボタンを押して、更にPC側でBluetoothの接続を設定しないと使えるようになりません。

 恥ずかしながら、最初、マウスが故障しているのかと思ってしまいました。

 つながってみますと、さすがにBluetooth。数メートル離れてもへっちゃらで操作が可能です。これはプレゼンにも活用できそうです。


▲左から順に、電源SW、CONNECTボタン、発光・受光部。
▲左から順に、電源SW、CONNECTボタン、発光・受光部。

2006.08.03

ATOKのインストール

 先日購入したVAIOには、ATOKがインストールが可能な状態でHDDに入っていました。早速インストール。

 Ver.4のときに一太郎を購入して以来、長いことATOKを使ってきました。ただ、Windowsになってから一太郎を離れてしまったので、その後はJustsystemのアプリを買ったときに付属してきたATOKを使っていました。そして前のマシンからMS-IMEに浮気。

 今回はたまたま付属していたので、また使ってみようかと思ったのですが、なんと、私の姓が変換できない!辞書登録すればいいのかも知れませんが、そんなにレアな姓ではありません。信州では峠やトンネル名にさえ使われています。東京のキー局にもアナウンサーがいましたし、グラビアアイドルにも、漫画家にもいます。銀座の写真館もあります。

 それが辞書に無いなんて・・・

 四国の方には皆無な姓なのでしょうか???

2006.08.02

よたろう

 先日購入した新しいVAIOが我が家の無線LANにつながらなくて困っていたのですが、結局、以前知人のところでつながらなかったのと原因が同じ、WEPキーでした。

 実は、今回も間違いなくWEPキーが原因だと特定はしていたのですが、こんなに困ったのには理由があります。

 それは・・・以前使っていたアクセスポイントのマニュアルを一所懸命見て、前のWEPキーを何度も何度も設定して、つながらないので変だ、変だと悩んでしまったのでした。それに気づいて、現行のアクセスポイントのWEPを設定しようと思ったら、今度はマニュアルが無い。しかも、どんなWEPキーを設定したのかも、何にも記録してない。ウェブサイトで現行アクセスポイントの情報をいろいろ見ても、当たり前ですが、やっぱりどうにもならない。

 まさに「よたろう」状態です。

 仕方が無いので、他のマシンは後から設定し直せばいいや、と、無線LANアクセスポイントをリセットしました。ウェブサイトでアクセスポイントの初期IPアドレスが192.168.11.1であること、DHCP機能が有効であることは知っていたので、有線で接続して、アクセスポイントにブラウザでアクセス。ばっちり設定画面が現れました。

 さて、ここで、再び「よたろう」状態。

 さて、いったい何を設定したらいいのか、ちんぷんかんぷん。我が家のBフレッツ周りのアドレス体系は、昨日までのよたろう状態で厭になるほどわかっていましたので、とりあえずIPアドレスを同一ネットワーク内の適当な番号に設定。DHCP機能は停止。IPはDHCPからもらうように設定。でも、これだけではつながりませんでした。
 それじゃあ、と、ウェブ画面から再度アクセスポイントを再起動。VAIOのIPアドレスを確認すると、見覚えのあるネットワークアドレス内のIPアドレスがちゃんと割り振られている。あらら・・・、もうインターネットにつながりました。

 後から考えてみれば、アクセスポイントをリセットして、DHCPを停め、再度リセットするだけでよかったようです。

 さて、これで接続は可能になりましたが、まだWEPが未設定のまま。マンションの周囲の皆さんは良い方々ばかりなので問題無いとは思いますが、何となく気持ちが悪い。

 さて、三度「よたろう」。

 アクセスポイントのアドレスが先ほど設定した値のままになっているとは思わず、/24サブネットマスク内のIPアドレス254個のうち、事前にわかっている2個以外を片っ端からブラウザに入力し始めたのです。途中まで打って「ん?ブロードキャストにping飛ばせば出てくるかな?」と、ping 192.168.xxx.255を実行。すると・・・、出ました出ました。192.168.xxx.1のゲートウェイと並んで192.168.xxx.oooと、先ほどのIPアドレスが。「あらら、変わってなかったのかぁ」。

 アクセスポイントにブラウザからアクセスして、無事WEPキーを設定。今回はちゃんと記録を取りました。
 家内のマシンは前のWEPのままなので、これはキーを再入力しなければなりませんが、それだけなら問題無し。

 有線LANからようやく解放された我がニューVAIO。これで家の中を持ち歩いてウロウロできるようになりました。

 やれやれ。

2006.08.01

液晶プロジェクタのランプの製造国は?

 先日、職場の液晶プロジェクタが凄く暗くなったと言われ、交換用のランプを購入して交換。3,400lmもの明るさのランプなので、たいそう高価な一品でしたが、明るさを取り戻しました。

 交換して外した古いランプをどうして処分しようかと手にとって何気なく見ていたら、Made in のところに見慣れぬ国が・・・


▲これが切れしまった古いランプです。
▲これが切れしまった古いランプです。


 さて、どこの国で製造したのでしょう。

 ヒント:ワッフルやチョコレートで有名です

  (:以降をドラッグしてみてください。「あそびをせんとや」さんがよく使われる技を拝借しました。)

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

 答えは、こちらの写真をご覧下さい。


▲意外な国でした。
▲意外な国でした。


 雑学に強い同僚も当てることができなかったので、それならと、ブログのネタにしてみました。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ブログパーツ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ