« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.30

年の瀬にドタバタ

 私の嘔吐・下痢症が息子にうつったようで、一昨日、息子が全く同じ症状でダウン。点滴騒動になってしまいました。その騒ぎも昨日には収まって、ようやく年賀状を印刷したり書いたりできました。ブログを書く余裕もやっと・・・(笑)
 昨年までは「筆まめ」を使ってきましたが、今年は私のPCと家内のPCに共通でプレインストールされていた「筆ぐるめ」に移行。データは簡単に移設できたのですが、静岡市は今年から政令指定都市になったために、「区」の表示を入れなければならず、それがオートでできないのでちょっと苦労しました。
 このところの全国各地の合併のお陰で、こんな作業があちこちで頻発しているんでしょうね。住所のデータベースもダウンロードして新しくしましたが、一番困るのは郵便番号まで変わってしまっている場合。こればかりはどうにも直しようがないので、旧い住所のまま出すか、届いてから更新して出すか。

 2年半もずっと使い続けてきた携帯電話が、バッテリーも鈍ってきたので、これを機に機種変更しました。家内はN251iからN700iへ、私はN504isからD902i。さすがに2年半経過すると機能が驚くほど向上しています。その代わり、動作が鈍い。プロセサの性能の向上以上に処理が重くなっているんでしょうね。かなりのんびりと動きます。それにしても、もうPDAに近い機能の豊富さですね。

 2年半分のポイントもあったので、意外に安く済みました。携帯本体でもらったポイントを使って128MのminiSDも購入。しばらくはいろいろと遊べそうです。

2005.12.22

嘔吐・下痢

 ひどい目に遭いました。

 20日の深夜、ふと気がつくと、お腹がぎゅるるるる~~~っとなっていて、慌ててトイレへ。いわゆる「水様便」の超特急でした。食あたりかなぁ、などと訝りながら布団に入りましたが、またしばらくするとぎゅるるるる~~~っ!3度目ぐらいには吐き気をもよおして、上からもすべてを排出。完全にフラフラ状態になりました。
 朝まで何とか我慢して、胃腸科にかかりました。「悪い病気ではありませんよ。これは感染性の嘔吐・下痢症ですね」と言われ、そのまま痛~い注射を打ってもらい、更に点滴。
 もらった薬を飲んで、午後もずっと寝ていたのですが、今度は発熱。ピークで38度を超えてしまいました。

 こんな状態でも、食欲が少しあって、消化の良さそうなものを少しずつ食べて、何とか生きながらえました。電子レンジでチンしたポカリスエットの美味しかったこと!

 いったいどこで感染したのか・・・わかるはずもありませんが、とにかくひどい目に遭いました。

2005.12.19

レゴで作る家 その2

 デザイナーシリーズ#4886で作ることができる3種類の家の最も大きなバージョンです。初めに緑のプレートに石畳風の小さなブロックをはめるのですが、ちょっと間違えてしまって、外して直すのに大変な苦労をしました。


#4886のキット最大の家です
▲全景です。


屋根の部分の拡大
▲屋根の部分の拡大。


玄関付近の構造
▲玄関付近、窓付近の構造。


 土台、周囲の塀、壁や建具の部分を完成した後、屋根だけを別構造として作成します。屋根が完成したら、土台に載せて完成です。屋根の構造がなかなか面白いので、また後日、屋根の裏側をアルバムにして掲載したいと思います。

 一昨日フィギュアスケートのファイナル・グランプリで若干15歳にして見事に優勝した浅田真央さん、レゴのファンみたいですね。レゴ好きな人って、多いんですね。

 それにしても、今年の12月は異常に寒いですね。日本海側の大雪も大変ですが、名古屋の20cmを超える積雪にはビックリしました。

2005.12.18

寒い日曜日

 4年ほど使ってきた電気カミソリですが、いよいよバッテリーが草臥れて、替え刃を買うぐらいなら、と、新しいのを買おうと、近所のヤマダ電機まで、娘を後ろに乗せて自転車で行きました。
 今日の静岡は最高気温が7.2℃と真冬状態。寒冷地の方には申し訳ありませんが、静岡では厳しい寒さとなりました。ヤマダ電機までの往路は追い風だったので余り感じませんでしたが、帰りは顔がヒリヒリする程の寒風に煽られました。
 自転車で10分ぐらいの場所に、コジマヤマダ電機が並んであるので重宝します。さすがに師走のこの季節、駐車場待ちの車がたくさん並んでいました。
 コジマの駐車場に赤いワゴン車が何やら店を構えていたので近寄ってみると、「やきとり」。電気店の駐車場でやきとりは珍しいなぁ、と思いきや、ヤマダの駐車場には「富良野メロンパン」の車が店を広げているのを娘が見つけました。
 最近、我が家はメロンパンブームなので、早速3個購入。帰りの季節風でだいぶ冷めてしまいましたが、それでもまだ暖かくて、焼き立てを堪能しました。
 メロンパンを入れてくれた紙袋を見ると、パブラッタの文字とURL www.pabrata.com が書いてありました。サイトを見ると、地中海チーズケーキが大人気の様子。う~ん、食べてみたい・・・

2005.12.16

東京出張

 久しぶりに東京へ出張しました。20年前に東京から静岡に移ってから暫くは、上京する度に「嗚呼、東京へ帰ってきた」と感じましたが、最近は静岡に戻ると「嗚呼、帰ってきた」と思うようになりました。20年も経てば・・・当たり前かな。

 さて、往路は静岡駅12:10発のひかりでしたので、お昼を駅で調達。「限定(?)静岡弁当」 \800にしました。わりとボリューム感があって良かったかな。
 隣の座席が1歳ぐらいの子供連れのお母さん。子供が騒ぐ度にデッキへ出たりして、かなり大変そうでした。

 会議が30分ほど長引きましたが、予定通り、帰りは東京駅17:06発のひかり。お昼はちゃんと駅弁を食べたのに、どーしてもまた駅弁が食べたくなって、物色すると、「いくら弁当」や「ソースかつ弁当」や「東京弁当」や「柳川弁当」、それに「サンドイッチ」、助六寿司、・・・・・・・とにかく沢山並んでいて、垂涎状態~。結局「あなご弁当」\1,000を購入しました。


東京駅で買った「あなご弁当」のパッケージ写真です
▲見事私のハートを射止めた「あなご弁当」。


 あなごがたっぷり味付けご飯の上に載っていて、紅生姜も「これでもかっ!」という程付いていました。小さなパックの「たれ」をかけて、さあどうぞ!
 あきらかに「ビールの伴」の内容でしたが、帰ってからちょっと仕事があったので、流石にアルコールは無しです。
 なかなか美味で、発車を待つ間にすっかり空っぽになっていました。

 出張の時だけ読む「週刊アスキー」を念入りに呼んで読んでいたら・・・あーあ!乗り物酔いしてしまいました。

 斜め前の席に、また1歳ぐらいの子供連れのお母さん。もちろん往路とは別の方でしたが、やっぱり子供が愚図って騒ぐので、何度もデッキに出たり、空席に移動したり。小さな子連れのお母さんは、本当に大変ですよね~

2005.12.15

ツバルが儲かった話

 ドメイン名。日本では末尾が.jpで終わります。24年前に各国に割り当てられたドメイン名末尾の国の部分(トップドメイン)の話題です。今朝の「鈴木杏樹のいってらっしゃい」のネタなんですが・・・

 南太平洋にツバルという島国がありまして、この国名のスペルは Tuval。で、割り当てられたドメインが .tv。このドメインの10年間の使用権を米国のdotTV社が5,000万ドルで購入。この収入を元に、ツバルは国連に加盟できたんだそうです。それ以外にも道路の修復や電気、医療関係に投入されているとか。
 ツバルっていう名前、あんまり聞いたことがなくて、調べてみたら、その位置は概ねニューギニアの東方、ニュージーランドの北方ってところでしょうか。

 ネット・オークションを見るとドメイン名の売買はいろいろあるようですが、しかし5,000万ドルなんですねぇ。

 ちなみに、先日訪れた台湾は.comの後に.twがくっ付いて、○○○.com.twって感じでした。

寒さ比べ

 連日、「平年より3~4℃低いでしょう」というセリフを聞き飽きるほど耳にしています。確かに今年は11月から寒くてどうしようもない。そこで、昨年とグラフで比較してみました。


静岡の最低気温、最高気温を昨年と比較してみたグラフ
▲淡いラインが、もちろん今年です。11月18日~12月13日までの比較。


 う~ん、昨年は楽だったんですね~。こんなに違うとは。驚いたのは昨年12月5日の最高気温。なんとなんと23℃もあったんですね。
 最低気温を見ると、昨年を上回った日がたった1日だけ。トホホ。
 昨年の最低気温を、今年の最高気温が下回る日まであって、もっとトホホ。

 う~ん、ちょっと夜更かししてしまった。

2005.12.14

レゴで作る家 その1

 久しぶりにレゴです。デザイナーシリーズ#4886の一番小さな家を作りました。このセットには動物シリーズには入っていなかった屋根専用の赤いブロック9種類が沢山入っています。


屋根のパーツ一覧
▲どう見ても屋根にしか使えませんよね。今回の家では一部未使用です。


レゴで作った家 その1
▲居住スペースは・・・無さそうです。植物の表現が独特ですね~


レゴで作った家 その1
▲人形を置けば、ちょっとスケール感が出ます。裏面は真平ら。窓もありません。
 敷き詰めた薄いブロックは、外すのが大変なので、間違えられません。


レゴで作った家 その1
▲犬小屋にはメタルお茶犬を置いてみました。ちょっと寂しそう?


 この#4886というセットでは全部で3種類の家の作り方がアイデアブックに掲載されています。順次作ってみようと思います。
 動物シリーズに比べると単純な構造なので、ちょっと面白みに欠けます。

2005.12.13

夏の大三角形

 例年になく寒い師走ですが、夏の大三角形の話です。仕事を終えて19時頃、自転車を漕ぎながら東の空を見上げると、冬の代表選手オリオン座が昇ってくるのが見られます。ところが、西の空に目を向けると、まだ夏の大三角形が沈まずに見えています。空の透明度が高い今の季節なので、また妙に美しい・・・
 夏の大三角形を構成するのは「わし座」「こと座」「はくちょう座」の各α星(順に、アルタイル=牽牛、ベガ=織女、デネブ)。そのうち一番北に位置するはくちょう座は、沈むのも最後になりますので、年明けになっても夕方未だ見えます。夏の天の川を泳ぐ白鳥は、大きな十字架の形になって沈んでいきます。

 明日もまた強い冬型。モコモコスタイルで自転車のペダルを漕ぐことになりそうです。

2005.12.12

寒い中でいろいろありました

 知人の葬儀で午前中から出掛けました。今朝の静岡の最低気温は0.5℃。お堂の中はとても寒くて心底冷えました。

 午後からは300m離れた建物の間で無線LANの接続試験。僅か30cm角ほどの四角い面をもったアンテナを対向させるのですが、それがなんと目分量でOK。概ねそっちの方向を向かせれば繋がってしまいます。もちろん暗号化しているのでセキュリティは万全。PCのディスプレイ上のデータを見ると、実効速度56Mbps、全二重。
 ビルの屋上で寒風に晒されながらの作業は、これまた心底冷え込みました。高所が苦手な私は、それなのに手にいや~な汗を握りました。
 現在は簡易無線局で50GHz帯の電波を使ってパラボラで対向させているのですが、かなり鄙びて(苦笑)メンテナンスもままならない状態。設置当時は対向がシビアで、パラボラの付け根には角度計も。こんなに簡単に繋がっていいんだろうか、と訝りたくなりました。
 作業の最中、どうやら「風花(かざはな)」が舞った様子。静岡では雪が降る事は非常に珍しく、強風で山の向こうから飛ばされた雪が舞う程度です。この現象を「風花」と呼ぶのですが、それだけでもニュースになる程です。
 56Mbpsもの帯域があるので、TV会議システムで映像を双方向に飛ばし合いましたが、極めて安定した映像が得られました。大満足!年明け早々にはパラボラ君に別れを告げたい・・・です。

2005.12.11

今年の11月の気温

 ちょっと古い話になりますが、先週の月曜日は冬の低気圧が非常に発達して、まるで台風のような強風に見舞われました。お陰で、ハワイへ向けて出発したグループが名古屋で足止めを食い、丸一日遅れて翌日に出発するというハプニングがありました。気象予報士の森田正光さんは冬台風と呼んでいましたが、中心気圧だけを見ると、まさに台風並ではありました。

 さて、もっと古い話になりますが、今年の11月の気温変化をグラフにしてみました。



▲後半でかなり最低気温が下がりました。


 信州の実家では11月21日に最低気温が-6.2℃を記録していますが、静岡ではまだまだ秋です。
 11月も後半になると、だいぶ気温が下がりました。しかも最高気温と最低気温の差も随分大きくなっています。最高気温だけを見ると、後半にやや上昇しましたが、最低気温は5℃のライン付近に貼り付いたまま。体調も崩れるというものです。(トホホ)
 さて、10月のグラフを重ねて見てみましょう。



 最高気温が交錯する日もありますが、最低気温はしっかり下がっています。
 さて、12月はどれくらい下降するのでしょう。

 家内と娘がこの週末に帰省しました。静岡では滅多に見られないに、娘は大喜びだったようです。

2005.12.09

台湾旅行記 その5 最終日

◆ 台湾旅行記 第5日 12月2日(金) ◆

 ホテルで朝食を済ませ、チェックアウトした後、中正国際空港へ。チェックイン、出国手続きを済ませ、帰りのキャセイパシフィック機を待ちました。
 帰りは強い追い風になるので、最高速度は1,000km/hを超え、中部国際空港まで僅か2時間15分ほどのフライトです。離陸後安定してから機内食で昼食を済ませ、その片づけが終わるか終わらないぐらいのうちに高度を下げ、ちょっとウトウトした隙に着陸。本当にあっという間に着きました。

 中国と異なり、看板や表示などに使われている漢字は日本のものと概ね同じで、理解しやすかったです。スクーターの洪水と、街には日本で見られないような屋台風の店が多くありましたが、それ以外は日本と大差なく感じました。右側通行も見慣れてしまうと余り違和感はありません。(自分で運転するとなると別なのでしょう)
 5日間天候に恵まれ、雨具を使うことが一度もありませんでした。寒気が入り込んだという日も最低気温が17℃程度。最高気温は25℃前後と、歩き回ると汗ばむ陽気でした。

2005.12.08

台湾旅行記 その4

◆ 台湾旅行記 第4日 12月1日(木) ◆

 まずは朝のホテルから。



▲朝食の席から吹き抜けを見上げる


 台北の東方約40kmにある「九 イ分」(にんべんに分です)へ行きました。途中の基隆までは道路が良いのですが、その先は山道でバスが大変そうでした。
 元は金鉱の街として栄えたようですが、今では全く金は採れず、観光の街として人気なのだそうです。平日の午前中なのに、中学生や高校生ぐらいの若者から年配の旅行者までうじゃうじゃいて、混雑していました。土産物屋が並ぶ所々石段のある通路が一番の賑わいでした。ここでオカリナのような焼き物の笛を買いました。
 山腹にある街なので眺めは大変良く、眼下には東シナ海が広がって、この旅一番の絶景でした。



▲こんな風に店が並んでいます。何故かセブンイレブンも。


▲結構な斜面に街があります。石段下るのがきつかった~


▲東シナ海が見える景観は素晴らしかったです。


▲ちょうど選挙戦の最中でした。


▲こんなお宮がいくつもありました。お供え物を売っていました。


 昼には台北市内に戻って昼食。「石鍋料理」と呼ばれる鍋料理でしたが、ベースの出汁が中国独特の香りで、同僚たちは苦手なようでした。野菜や肉団子を味わった後、麺と醤油、胡椒をたっぷりを入れてラーメン風に1杯、更に白飯を入れて雑炊で1杯。体の芯からぽっかぽかになりました。
 午後はDFSでまったり買い物。夕刻には台北駅近くにあるの51階建ての三越と、その周辺を散策しました。台北駅は中正紀念堂を思わせるような巨大な建物で、中に入ると圧倒されるような空間が広がっていました。その割りに人が少なく、混雑する様子もありませんでした。



▲何しろ大きな駅舎でした。


 レコードショップで流れていた唄が良かったのでCDを1枚購入。約1,000円程でした。
 夕食は四川料理。唐辛子が効いてかなり辛かったのですが、妙に口に合いました。
 ホテルに戻った後、例によってバーでカフェラテに舌鼓を打ち、近くのコンビニで最後の買い物をしました。
 意外に土産物の量が多く、荷造りに四苦八苦しました。
 TVの15chで気に入っていた「Lucky9」という番組も今夜で見納め。デジカメの動画撮影でお気に入りのタレントなどを写してはPCに取り込む、という作業に精を出しました。

2005.12.07

台湾旅行記 その3

◆ 台湾旅行記 第3日 11月30日(水) ◆



▲スクーターの街、台北。


 台北から50分ほどバスで北へ走った「淡水」という街にある「淡工大学」を訪れました。私学で、学生数は28,000人。キャンパス内に美術館や学生寮、庭園もあって、大変広い敷地でした。
 日本語科で学ぶ学生たちが教室やキャンパス内を案内してくれました。流暢な日本語には頭が下がる思いでした。



▲授業にお邪魔しました。


▲とても広いキャンパス。羨ましい~~~


▲ここもキャンパス内。素敵な庭園です。


 台北市内に戻って昼食の後、台北の南西約60kmに位置する「新竹」へ。ここには台湾のシリコンバレーと呼ばれるIT関連企業が広がる工業地帯があります。その中のACCTON社(ネットワーク・デバイスを主に開発)を訪れました。担当の社員の方が中国語・英語で会社の概要を説明してくださいました。この女性はハネムーンで北海道へ旅行されたそうで、片言の日本語も話せました。社内に美術品を展示したフロアやスポーツできるエリアがあって、また福祉にも注力されているとのことで、大変興味深く見学させていただきました。



▲外資系の企業の方なので、流石に英語はペラペラ~~~


▲台湾の高速道路の料金所。


▲バスの車窓で見つけた妙な広告たち。


 夕食後、台北市内の「夜店市」。上野のアメ横みたいな場所で、狭い通りの両側に延々と小さな店が並んでいました。食べ物、食材、衣類、玩具、日曜生活品など、何でもありました。臭いも強烈でした。



▲延々と続く夜店市。妙な店も沢山ありました。


▲ホテルの夜景。

2005.12.06

台湾旅行記 その2

◆ 台湾旅行記 第2日 11月29日(火) ◆

 昨晩は咳が出てちょっと寝不足。6:30のモーニングコールで渋々思い体を起こして朝食。
 最初に訪れたのは「忠烈祠」。台湾の靖国神社だそうで、戦死した多くの兵士の霊を祀っている場所です。正門には衛兵が二人、微動だにせず立っています。その交代の儀式を見るために、実は早起きしたのでした。
 衛兵は海軍の精鋭の中から選ばれた方々だそうで、交代式も大変きびきびしていて、こちらも気が引き締まる思いで見ました。



▲衛兵の交代式。張り詰めた緊張感が伝わってきました。


 次に「故宮博物院」。中国数千年の歴史に纏わる多くの美術品・骨董品が大量に展示されていました。が、何しろ大変な人ごみで、なかなかゆっくり見ることができませんでした。来年の完成に向けて大掛かりな工事も行われていました。ここでかなり疲労を蓄積。それでも3代50年かけて作った17重の象牙の球の透かし彫りや、翡翠(ひすい)で作った白菜(!)や豚の角煮(!!)、青磁、赤絵など、大変な名品が目を惹きました。



▲故宮博物院。内部は撮影禁止。万一シャッター切っても人しか写らなかった・・・


 続いて、ごくありふれた土産物屋でお茶の実演販売。私にはとても買えませんでしたが「高原茶」という高級茶が有名なのだそうです。お茶菓子で出してくれた干し菓子が美味しかったので、こちらは数点購入しました。

 続いて「中正紀念堂」へ。蒋介石を祀った場所で、ここにも衛兵がいて、その交代式も見ることができました。とてつもなく広い公園に巨大な建物があって、その中に巨大な蒋介石の坐像が置かれていました(高さ6.3m)。



▲建造に11年を要したとか。とにかくでかい。


▲蒋介石が乗ったキャデラック、だそうです。


▲ここでも衛兵の交代式が。坐像の大きさがわかりますか?


▲圧倒的に広大な敷地。約26万平方メートル!


 昼食は台湾式のバーベキュー。どんぶりに好きな食材(薄切りの牛、鶏、豚や野菜)を好きなだけ盛り付けて、調味料も適当にかけてお兄さんに渡すと、大きくて円形の鉄板の上で焼いてくれるものです。食べ放題。食卓には鍋も用意されていて、肉類をしゃぶしゃぶで食べることもできました。満腹。
 午後はまず台湾の秋葉原「電脳街」へ。PCのケースやパーツなどを売っている店が軒を連ねていました。こういった物の物価は日本とあまり変わりませんでした。
 続いて昨年竣工したばかりの「台北101」を訪れました。高さ508mという世界で一番高いビルだそうで、89階に展望台があり、高速エレベータで僅か40秒で登れます。もちろん有料(NT$350)。展望台から携帯電話で日本の娘に電話しました。



▲このアングルで、しかもワイドコンバージョン付けて、まだ収まりません。



▲チケット。団体割引なのでNT$300。



▲まるで航空写真のようです。


 ビルの下から見上げると上部の先細りの部分は全く見えません。
 併設のショッピングモールもかなり大きなビルで、中には数多くの店が並んでいました。地下に食品スーパーや食事ができるスペースもありました。スーパーに並んでいる食材の大半が日本製で、台湾製のものを探すのにえらく苦労しました。
 夕食は台湾料理。台湾の家庭で食べられるごく平均的な料理を味わいました。

2005.12.05

台湾旅行記 その1

 ようやく旅行記を書く元気が出ました。今日から何回かに分けて書こうと思います。

●台湾諸事情
 人口 2,300万人
 面積 九州の6/7
 国のほぼ中央を北回帰線が通る。
 北回帰線以北が亜熱帯気候。以南が熱帯性気候。
 最高峰は玉山(にいたかやま) 標高3,952m

首都 台北 人口 270万人
第2の都市 高雄 150万人 台湾の大阪
第3の都市 台中 100万人
第4の都市 台南 85万人 台湾の京都

 通貨 ニュー台湾ドル 1NT$=約3.6円

◆ 台湾旅行記 第1日 11月28日(月) ◆

 静岡を午前11時に発って、バスで一路セントレアへ。昨年の同時期に上海・蘇州へ行った時には未だ「名古屋国際空港」からのフライトでしたが、今回は真新しい「中部国際空港」。東名の集中工事で4箇所ほど渋滞にはまりましたが、伊勢湾岸道路に入ってからは道路が空き空き。約4時間で空港に着きました。



▲セントレア、出発ゲート。


 昨年は「中国東方航空」でちょっと怪しげな機内でしたが、今回は「キャセイパシフィック航空」。なかなか綺麗で、シートごとにLCDが付いていて、TV番組や映画が観られました。約3時間半のフライト。夕食は機内食でした。エコノミーのシート・レイアウトは2・4・2列。私のシートは中央4列の内側で窮屈でしたが、隣が空いていたので多少楽でした。
 日本との時差は-1時間。台湾の入り口である中正国際空港に現地時間の19時半頃ランディング。入国手続きを経て荷物を持ち、現地ガイドさんと合流。台湾の観光局が航空券の半券でくじ引きを実施していました。もちろんハズレ~。再びバスに乗って空港の真東にある台北市内へ向かって約50分走りました。
 台北では異様な程にスクーターが沢山走っています。右側通行の道路脇には、必ず2輪専用のレーンがありました。信号が赤から青に変わると、噴出すようにスクーターが疾走する様子には、思わず笑ってしまいました。
 チェックイン前に市内の「お粥横丁」の食べ放題の店で早速台湾風の料理を堪能しました。肉、野菜など、好きなものを好きなだけ、しかも何度でも取って食べられます。



▲お粥横丁。万国旗がコテコテですね~


 ホテルはハワードプラザホテル台北(福華大飯店)。市街地を少し外れた場所にありましたが、なかなかの高級なホテルです。「ロの字型」の建物で、内側が最上階まで吹き抜け。1~4階と地下1階にはショッピングモールもありました。またロビー横にはこぎれいなバーがあります。そこで飲んだカフェラテが大層美味で、結局毎晩これを飲んでしまいました。フロントには日本語を喋るスタッフもいて安心。もっともホテル以外でも日本語が通じる場面が数多くありました。



▲ホテルの窓から。プールのセンターにピアノがあって、生演奏していました。


 部屋も広々。早速VAIO C1を開いて、今日撮影したデータをHDDにコピーしました。テレビはケーブルテレビ。NHKのBS1、BS2も見ることができました。チャンネル数が多いので、どのチャンネルでどんな情報が得られるかを確認するのにだいぶ手間取りました。



▲昨年に引き続いて、こんなスタイルで4泊しました。


 気に入ったのは13ch(若者向けのバラエティが多い)、15ch(台湾のMTV)、22ch(スポーツチャンネル)。チャンネルごとにレベルが極端に違うので、その都度リモコンのボリュームで調整が必要でした。

2005.12.02

帰国しました

 今日、昼に台北を発って、15時過ぎにセントレアにTD。無事帰国しました。大量に写真を撮ってきたのですが、これから整理だけして、寝ようかな。
 心配していた天気でしたが、雨には一度も降られず、助かりました。
 台湾はとても活気がありました。そしてまた日本との差があまり感じられませんでした。
 明日からちょっとずつ旅行記を書きたいと思います・・・が、その元気が出ますかどうか。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

ブログパーツ

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ